植物性成分、天然成分のほうが肌に優しい?






敏感肌&乾燥肌の保湿クリーム探し隊 » 保湿クリームよくあるQ&A » 植物性成分、天然成分のほうが肌に優しい?

肌に優しい有効成分といえば、植物性成分や天然成分をイメージしますが...。

Q.敏感肌などの弱い肌には、オーガニックコスメに代表される天然成分のものを使ったほうがいいでしょうか?

一般的な基礎化粧品は、肌に刺激が強い化学成分がたくさん入っていますよね?それを考えると、人間の手が加えられていないナチュラルな天然の植物エキスなどを 配合した自然派コスメやオーガニックコスメを使ったほうが肌に優しいと思うんですが、どうでしょうか?敏感肌とオーガニックコスメはやっぱり相性はいいんでしょうか?

A.肌に優しいどころかむしろ刺激になる可能性あり。

「化粧品に含まれている合成原料は肌に刺激になるもので、オーガニックコスメや自然派化粧品に配合されている天然成分は肌に優しい」というのは典型的な作られたイメージです。 実際の肌への刺激とはまったく関係ありません。

というのも、天然成分というのは、合成原料に比べて非常に複雑な組成をしているので、どんな成分が含まれていて、どんな影響があるか把握できないからです。

「未知の秘められた作用がある」といった良い解釈もできますが、「どういう影響がでるかわからない」という悪い解釈もできるわけです。

合成原料は構造が単純なためな問題が起きた場合、すぐ原因を特定できますし、問題が起こる可能性がある成分を省いていけば、安全な成分だけが残ります。 そうした安全性が確認された成分のみを厳選して配合しているのがいわゆる敏感肌ブランドの基礎化粧品です。

敏感肌ブランドの基礎化粧品は必ずしもオーガニックコスメではないし、無添加化粧品でもないですよね?成分やその配合量、バランスをコントロールできることを考えると、 合成原料のほうが、実は安全性が高いといえるということです。

ウルシやアロエにかぶれてしまう人がいるように植物性成分だからとか天然成分だから安全だということにはならないということは覚えておきましょう。

より詳しい解説をすると....

ナチュラルで肌にやさしいイメージがあるオーガニックコスメですが、国際的なオーガニック認定団体はあっても世界的な統一基準はありません。

つまり、オーガニックコスメでも何をもってオーガニックといっているのか、その基準やポリシーがあやふやなので品質も一定じゃないってことです。

同じようなことが敏感肌の人も気になる無添加化粧品にもいえます。無添加化粧品の場合も、何をもって『無添加』と表記するかは化粧品メーカーが勝手に決めているので、品質もポリシーもバラバラです。

  • 旧指定成分が無添加なのか?
  • 合成界面活性剤が無添加なのか?
  • 香料、着色料、防腐剤(パラペン)が無添加なのか?

無添加化粧品を使ったのに「刺激があった」「肌が荒れた」というのは、何が無添加なのか、それを確認しないまま無添加化粧品を買ってしまうと起こりうる話です。

『無添加』だから肌に刺激になる成分は何も入っていないというわけではありません。

自分の肌にとって刺激のある成分、アレルギーを引き起こす成分がわかっていないと、そもそも無添加化粧品も選びようがないというのが実際のところです。

肌に優しく安全な保湿クリームは?

当サイトで紹介している保湿クリームはすべて敏感肌向けの低刺激設計なので、基本的には刺激なく使えるはずですが、 使ってみてはじめてわかる部分もあるので、「アヤナス」「フィルナチュラント」のようにトライアルセットがあると助かりますよね。

閲覧数の多いその他の保湿クリームのQ&Aをチェック!

冬の乾燥対策に使える保湿力抜群のおすすめクリームはありますか?
冬の乾燥対策に使える保湿力抜群のおすすめクリームはありますか?
肌老化を防ぐエイジング効果に優れた保湿クリームってありますか?
ハリ・弾力UPなど、肌老化にも効果的な保湿クリームってありますか?
クリームと乳液の違いは?保湿のためには両方使ったほうがいいんですか?
クリームと乳液の違いは?保湿のためには両方使ったほうがいいんですか?